前立腺がん

イソフラボンは強い骨をつくるって本当?

イソフラボンには様々な働きがありますが、骨の健康を維持するという効果にも優れています。
骨の健康に役立つとして、「特定保健用食品(トクホ)」が許されている食品もあり、きちんと消費者丁から国のお墨付きまでもいただいているのです。
加齢につれて、骨はだんだんと弱くもろくなってしまうものです。
特に女性は、骨密度が減少しやすく、気をつけないと知らず知らずのうちに骨粗鬆症やその予備軍になってしまう可能性が高くなります。

なぜイソフラボンが骨の強化に有効なのかというと、中に含まれている女性ホルモンに似た成分のおかげと言えます。
女性ホルモンのエストロゲンには、骨からカルシウムが溶け出すのを防いでくれる働きがあるのです。
実は、カルシウムは骨や歯だけではなく、血液中にも一定量含まれているのです。
この血液中のカルシウムによって、脳への情報伝達をスムーズに行ったり、内臓が上手く働くように助けたり、血を凝固させたりしています。
血液中のカルシウムは、私たちの身体を健康に保つための重要な働きをしてくれているのです。

そのため、もし食事から十分な量のカルシウムが摂取出来ない場合には、身体は骨からカルシウムをひっぱり出してきてしまいます。
乱れた食生活や過剰なダイエットなどをしていると、カルシウムがどんどん骨から溶け出し、骨がスカスカになってしまう恐れがあります。
加えて、女性ホルモンの調節が上手くいかなくなってしまうと、食品からの摂取量が足りているにも関わらずカルシウムが溶け出してしまうケースがあります。
更年期の女性はどうしても女性ホルモンが減少してしまうため、骨粗鬆症のリスクが高くなってしまうのです。

イソフラボンは女性ホルモンの代わりに、こうしたカルシウムの働きを正常に保つ助けもしてくれます。
カルシウムを摂ると同時にイソフラボンも摂取し、きちんと骨に栄養を届けましょう。
高齢になってからはもちろんですが、意外と若者のカルシウム不足は深刻です。
若いうちからイソフラボンを多く含んだ食品を食べることをお勧めします。
またこちらのイソフラボンのメリット・デメリットについての記事も参考にご覧ください。