前立腺がん

イソフラボンは何歳から摂るのが良い?

イソフラボンのイメージというと、加齢に伴う身体の不調を助けてくれる働きがある、という方が多いと思います。
特に女性ホルモンに良く似た成分を持つことが有名なため、アンチエイジングや更年期障害の予防に必要とされることが多いようです。
イソフラボンを意識して摂取するようになるのは、年齢が上の方で、特に女性が多いと言えますね。

しかし、年齢にかかわらず摂っていただきたい成分がイソフラボンなのです。
アンチエイジング効果で謳われている美肌ですが、これはつまり肌の成長を助けてくれていることになります。
成長ホルモンをきちんと働かせ、より良い細胞が身体から生まれるための助けとなってくれているのです。
また、カルシウムの働きを助けることにより、骨や歯の形成にも役立ちます。
成長期である子供のうちから摂ることで、強くて丈夫な骨にすることが出来るのです。
イソフラボンが多く含まれている大豆製品は、子供のうちから日々の食生活に自然な形で取り入れていくことが望ましいと言えるでしょう。

一方で、健康に良いからと、若いうちからサプリメントなどの健康補助食品を摂ることは避けましょう。
成長期である子供のうちは、こうした成分を凝縮させたものは逆に身体の負担になってしまい、身体の成長を妨げてしまうことがあります。
特に女児については注意が必要です。
イソフラボンには女性ホルモンに良く似た成分が含まれています。

食品からならともかく、健康食品などによって1度に大量の成分が身体に入ってしまうと、過剰摂取となり身体に悪影響が出る恐れもあります。
子供のうちは食育といった面から考えても、食生活に気を配り、そこから自然な形でイソフラボンを摂取することが望ましいですね。
若いうちからバランスの取れた食事でしっかりと身体を作ることで、年齢を重ねた後に健康状態について悩むことも少なくなります。
1番良いのは、イソフラボンを意識しなくても健康な身体でいられることです。
自然と毎日の生活に取り入れていきましょう。
またこちらのイソフラボンパワーについての記事も参考にあわせてご覧ください。