前立腺がん

更年期障害にはイソフラボンが効果的?

「更年期障害」とは、更年期に起こる身体的、精神的な不快症状の総称といえます。
更年期は大体45歳から55歳ごろ、生殖機能が失われる閉経に伴ってやってきます。
特に女性は、閉経を境に体内の女性ホルモンが急激に減ってしまいます。
更年期障害と呼ばれる様々な不快症状は、この女性ホルモンの減退によって起こると考えられています。
主な症状としては、自律神経失調症状と、精神的症状に分けられます。
ホットフラッシュと呼ばれる身体のほてりや発汗、頭痛、肩こりなどが自律神経失調症状で、イライラ感や鬱状態になってしまうなどが精神的症状です。
あまりに症状が重い場合は、病院で治療が必要となる場合もあります。

これら更年期障害の不快症状に効果ありと言われているのが、イソフラボンです。
前述したように、更年期障害は女性ホルモンが少なくなることによって起こります。
ということは、身体の中で足りなくなった女性ホルモンを、外部から補ってあげることが必要になるのです。
実際病院での治療も、薬による女性ホルモンの補充が行われる場合は多いです。
イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンに良く似た成分を持つことで有名です。
日常的にイソフラボンが多く含まれている食品を摂取することで、更年期障害の予防や改善につながるでしょう。
イソフラボンが多く含まれているのは、大豆を使った製品です。
納豆、豆腐、油揚げ、きな粉、もやしなどの食品や、調味料ならば味噌、しょう油が挙げられます。
基本的な日本食には欠かせないものが多くなりますので、食生活を見直す良い機会にもなります。
ぜひ意識してこれらの食品を取り入れ、更年期障害に悩む日々を変えていきましょう。

最近では、更年期障害の若年化も進んでいると言われています。
実際には閉経が訪れていないのにも関わらず、更年期のような不快症状に悩まされてしまうというものです。
この場合、女性ホルモン以外にも原因はありますが、予防のためにも若いうちからイソフラボンを積極的に摂ることをお勧めします。