前立腺がん

PMSとイソフラボンの効果

女性は毎月月経がおとずれるものですが、人によっては生理痛が重くて辛いということがあります。
しかし、最近は生理痛だけでなく、生理前のPMSについても注目が集まっています。
PMSは、生理前の約2週間に起こる様々な不快症状です。
排卵があってから生理が始まるまでの間の「黄体期」と呼ばれる期間に起こります。
身体的な症状としては、頭痛や肩こり・腰痛、便秘・下痢といったお腹の症状、吐き気や食欲増進などが挙げられます。
心理的な症状でいうと、無性にイライラしたり、躁状態や反対に鬱状態になったりと、精神的に不安定な状態になります。
個人差はありますが、昔に比べてPMSを訴える女性は確実に増えてきています。

このPMS、原因は実はよくわかっていないようです。
おそらく排卵を期に変化する女性ホルモンによって、脳内物質や身体の水分量までもが急激に変化をすることで起こると考えられています。
特に現代社会では、不規則な生活習慣や食生活、過剰な仕事量などによって、女性の身体は日々疲れがたまっています。
もともとの身体が不調な状態であると、PMSの症状も出やすくなってしまうというものです。
そこで、イソフラボンが注目されています。
イソフラボンは、女性ホルモンとよく似た働きをする成分が含まれているということで、PMSの症状を抑えてくれる働きも期待が持てます。
ホルモンの量を調節し、自律神経にも働きかけるため、単純に身体の調子を整えてもくれます。
PMSの身体的不快症状は、ほとんどが身体の新陳代謝や血行不順からくるものです。
例え直接の抑制効果がなかったとしても、これらの症状にイソフラボンは効果を発揮しますので、結果PMS症状も改善されるというものです。

イソフラボンは注目されている成分ということもあってか、忙しい女性でも摂取しやすい様々な商品が出回っています。
毎日意識して摂取することで、日常的になってしまった不快症状をやわらげることが出来るでしょう。
けれども、1番効果的なのは生活習慣を整えることにあります。
忙しい生活の中でも、身体を労わって生活してあげて下さいね。