前立腺がん

豆乳嫌いな人のためのイソフラボンの摂り方

「豆乳」は、大豆から豆腐を作る際に絞り出される汁のことです。
もちろん、イソフラボンもたっぷりと含まれており、何年か前から美容や健康が気になる女性の間で人気になってきました。
女性らしい美しさを左右する、女性ホルモンに影響をもたらすイソフラボンを手軽に摂ることが出来るとして、注目を集めています。

何も味を加えていないものに無調整豆乳がありますが、そのまま飲むならば飲みやすく味を変えた調整豆乳がお勧めです。
近年の豆乳ブームによって、味もバラエティに富んでおり、季節ごとの限定商品なども発売されています。
1日に必要なイソフラボンの目安量が、75ミリグラムと言われていますから、1パック200グラムの豆乳飲料であれば2パック飲めば十分な量を摂取出来ます。

しかし、豆乳が苦手という方も少なくはありません。
手軽に摂る商品としてはちょうど良いのですが、独特の風味にどうしても慣れないという場合も多いです。
けれども、あまり心配はいりません。
もともと、日本では昔から大豆製品を多く生み出し、そして日常的に食してきました。
特に昔からの日本食には、大豆製品がごく自然な形で使われています。
あまり無理をしなくても、1日に必要な量のイソフラボンは、他の食品で十分に摂取出来るはずです。
味噌やしょう油といった調味料はもちろん、納豆も代表格と言えますよね。
その他にも、見落とされがちですが、大豆になる前の枝豆やもやし、さらに大豆を炒ってすり潰したきなこなどもあります。
昔から日本人は、栄養価が高くて比較的栽培のしやすい大豆を、積極的に身体に摂りいれることが出来るように工夫してきたのです。
豆乳が飲めなくても、毎日1食でも日本食にすれば大体必要量は摂れます。
飲みの席では、おつまみに枝豆を頼むというのもありですね。

どうしても普段の食生活で大豆製品を食べることが出来ないという人は、サプリメントという選択もあります。
しかし、これを機会に普段の食生活を見直して、身体のためにも出来るだけ日本食にシフトしていけると良いですね。